高崎皮フ科

お問い合わせはこちら
Tel.0979-64-7317

お知らせ

Information

8月の休診日

8月の休診日のお知らせです。

お盆休みは14日、15日です。13日土曜日は通常通りの診療を行っております。

学会出張にて8月20日土曜日休診となっております。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

高崎皮フ科 院長高崎修旨

 

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。

今年は梅雨も早々に明け、暑い日が続いています。それに伴い夏の皮膚病も猛威を振るっております。

当院にも多くの患者さんが受診されてます。その中で汗でお悩みの患者さんも見受けられます。当院では多汗症治療も積極的に行っております。最近、腋汗治療の新薬(外用薬)も発売され当院での処方も可能です。また漢方薬を含めた内服薬と併せて治療するとより有効です。汗でお悩みの方がいらっしゃれば是非受診されて下さい。

6月から診療日、診療時間変更の変更を行いましたが、新たに設けた土曜日の午後にも多くの患者さんに受診して頂き心より感謝申し上げます。

まだまだ暑い日が続きます。皆様におかれましては体調に留意されてお過ごし下さい。

高崎皮フ科 院長 高崎修旨

 

 

臨時休診

臨時休診のおしらせです。

6月4日 院長学会出席の為、休診となります。皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

高崎皮フ科 院長高崎修旨

口コミ投稿に対して

開院して先月4月6日で2年が経過しました。コロナ感染症の拡大が続く中、多くの患者さんに受診して頂きました。心より御礼申し上げます。これからも地域医療の発展に貢献したいと考えております。

さて、この間にホームページに多くのご意見を頂きありがとうございました。お褒めの言葉に感謝し、厳しい御意見には反省し改善をしたいと考えております。

これからもご意見をお聞かせください。参考にさせて頂きます。

高崎皮フ科 院長 高崎修旨 看護師一同

 

診療時間変更のお知らせ

2022年6月1より当院の診療時間が下記の通り変更となります。

  • 木曜日は終日全休となります。
  • 土曜日の診療時間が午前8:30~12:30。午後も14:00~16:00(最終受付15:30)に変更となります。

何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

連休中の診療日

連休中の診療日はカレンダー通りです。従って4/30・5/2・5/6・5/7は通常通り診察しております。

お詫び:先週の土曜日4/23院長学会出席にて休診致しましたが、ホームページにてお知らせせず、また、病院入口シャッターにも休診案内も掲示しておらず、来院された患者さんには大変ご迷惑をお掛け致しました。心よりお詫び申し上げます。今後このような事が起きないように充分に注意したいと思います。

高崎フ膚科 院長高崎修旨

 

更なる患者サービスを目指して

寒かった冬もやっと終わり日々暖かくなって来ましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

当院では更なる患者サービスを目指して診療日及び診療時間の変更を予定しております。土曜日に多くの患者さんに来院して頂き、待ち時間等で大変ご迷惑をお掛けしております。そこで土曜日の午後も14時~16時迄診療を行えるように準備を進めております。それに伴い木曜日を休診とさせて頂きます。皮膚トラブルの多発する夏までには始めたいと思います。詳細は後日改めてホームページにてお知らせいたします。

追記:3月より最新の光線治療器VTRACを導入しましたのでご報告いたします。VTRACとは尋常性白斑や尋常性乾癬など難治性の皮膚疾患の治療に用いられるターゲット型紫外線治療器です。治療時間が短く、効果の実感が早く、しかも副作用が少ないという特徴が有ります。これらの疾患以外に円形脱毛症やアトピー性皮膚炎の痒みにも有効です。前述したような皮膚疾患でお悩みの方は是非受診されて下さい。保険も適応されます。

高崎皮フ科 院長 高崎修旨

年末年始の休診のお知らせ

年末年始の休診は12月30日からで、新年は4日から通常通りの診察となります。

皆さんよいお年をお迎えください。

高崎皮フ科 院長 高崎修旨

冬の皮膚のトラブル

早いもので今年も残すところ一か月を切りました。師走は何かと忙しく気ぜわしくもありますが、皮膚トラブルの多い時期でもあります。

冬の乾燥に伴いアトピー性皮膚炎の増悪、高齢者の皮脂欠乏性湿疹。暖房器具による熱傷の受傷等々に注意が必要です。

皮膚の乾燥に対しては普段の生活でも注意が必要です。先ず入浴時の注意点ですが、お湯の温度は40℃~41℃、体を洗う時もナイロンタオルでゴシゴシ擦らず、石鹸を手で泡立ててそっと洗って下さい。保湿剤は医療用を使用し入浴直後(10分以内)に外用するのがより有効です。

熱傷を受傷した場合は流水で30分間冷却し、受診するまでも保冷剤や氷で冷却しながら来られて下さい。但し冷やしすぎはむしろ皮膚にダメージをきたしますので、保冷剤や氷はタオル等にくるんで直接皮膚に触れないように注意が必要です。市販の外用薬や貼布薬はかぶれや感染症を来す事がありますので行わない方が良いでしょう。

健康な皮膚で新しい年を迎えられるようにしましょう!

高崎皮フ科院長 高崎修旨

 

 

 

乾燥した季節の皮膚トラブル

暑さ寒さも彼岸までと言われてますが、今年は10月になっても暑い日が続いています。それでも徐々に乾燥した気候に変わってきてます。乾燥した気候は皮膚のトラブルが発生しやすくなります。特にアトピー性皮膚炎の患者さんやご年配の方は注意が必要です。乾燥した皮膚はバリア機能に障害が認められます。安易にドラッグストアで保湿薬を購入せずに、皮膚科を受診し適切な治療を受けられることをお勧めします。当院では、皮膚の状態をしっかりと診察させて頂いた上で、それぞれの患者さんに適した保湿剤を選択し、スキンケアの指導も併せて行っております。乾燥した季節を健康な肌で過ごせるようにお手伝いをさせて頂きます。どうぞお気軽に受診されて下さい。

高崎皮フ科 院長 高崎修旨